設立

フォン・ベーリング=レントゲン財団は、2006年9月8日に1億ユーロの資金を持ってヘッセン州の民法に則り設立された財団法人です。財団はその資金の利金をもとに学術奨励・助成を行うこととします。

財団は、2005年にギーセン大学とマールブルク大学の二つの大学付属総合病院が統合、さらにその後民営化されたのをきっかけとして設立されました。ヘッセン州は、このドイツの大学医学にとって「新しい道」となった大学病院の組織改革を、わずか一年で成し遂げたのです。2006年初めに両大学病院は、ギーセン・マールブルク大学付属総合病院有限責任会社(GmbH)として再スタートを切ることができました。 さらにレーン総合病院株式会社は、この大学病院の新しい過半数所有者として、ギーセンとマールブルクの2か所に2億6千万ユーロを投資し、施設を新築する予定で(2010年完成予定)、同様に1億700万ユーロをかけて、マールブルクに粒子療法医療センターの建設を進めています(2012年末完成予定)。

所在地

フォン・ベーリング=レントゲン財団は、マールブルク市のランドグラーフェン(方伯)城西棟を本拠としています。

名称の由来

財団の名は、異なった分野ではありますが似通った業績を持つ二人の先駆者に由来します。

Emil von Behring エミール・フォン・ベーリング(1854年-1917年):ベルリンとマールブルク大学で活躍した細菌学者で血清学者でもあったベーリングは、初めて免疫血清を完成。ジフテリアの血清療法に成功し、マールブルクにて有名なベーリング社を創設しました。

Wilhelm Conrad Röntgenヴィルヘルム・コンラート・レントゲン(1845年-1923年):1879年から1888年にかけてギーセン大学の物理学教授だったレントゲンは、後にヴュルツブルグでX線を発見し、晩年はミュンヘン大学で指導にあたっていました。

1901年に、二人はその業績によって、エミール・フォン・ベーリングは医学部門で、ヴィルヘルム・コンラート・レントゲンは物理学部門で、それぞれノーベル賞を受賞しています。

両者は以下の点で先駆的でした。
- 研究と教育指導の場としての大学で、基礎研究を促進すること。
- 科学研究と経済的活用を産学連携で実践し、可能にすること。
財団はこの二人の先人を模範として最優秀教育を目指し、奨励していきます。

目的

フォン・ベーリング=レントゲン財団は、ユストス・リービヒ・ギーセン大学とフィリップ・マールブルク大学においての、生命科学や他の分野と提携して行われる医学研究を奨励・助成します。
- 国内外、または国際的な協同研究
- 研究や教育の場での新しい方法・教授法の開発
- 学術研究後継者の養成
- 応用科学研究分野でのプロジェクト
- ギーセン大学とマールブルク大学両医学部の連携共同研究
- 学会やシンポジウムなどの企画運営を通しての学術的交流
申請者はギーセン大学及びマールブルク大学の医学部関係者でなければなりませんが、共同研究者については申請が可能です。

執行機関

理事長: 文学博士Prof. Dr. phil. Joachim-Felix Leonhardヨアヒム-フェリックス・レオンハルト教授, 元ヘッセン州次官, マールブルク
副理事長: 医学博士Prof. Dr. med. Hans-Dieter Klenkハンス-ディーター・クレンク教授, マールブルク
副理事長: 医学博士Prof. Dr med. Dr. rer. nat. Friedrich Grimmingerフリードリヒ・グリミンガー教授, ギーセン

学術的顧問:
Prof. Dr. Helmut Acker, Dortmund
Prof. Dr. Henning M. Beier, Aachen
Prof. Dr. Johannes Dichgans, Tübingen
Prof. Dr. Frank Kirchhoff, Ulm
Prof. Dr. Martin Krönke, Köln
Prof. Dr. Reinhard Lührmann, Göttingen
Prof. Dr. Andreas Meyer-Lindenberg, Mannheim
Prof. Dr. Volker ter Meulen, Halle (Saale)
Prof. Dr. Andrea Olschewski, Graz
Prof. Dr. André P. Perruchoud, Basel
Prof. Dr. Dietrich Reinhardt, München
Prof. Dr. Ernst Rietschel, Bonn
Prof. Dr. Jürgen Schölmerich, Regensburg
Prof. Dr. Günter Stock, Berlin
Prof. Dr. Ruth H. Strasser, Dresden

理事会(審議会):
ヘッセン州科学・芸術省からの代表2名
ヘッセン州財務省からの代表2名
ヘッセン州社会省からの代表1名
フィリップ・マールブルク大学学長
ユストス=リービヒ・ギーセン大学学長
フィリップ・マールブルク大学医学部部長
ユストス=リービヒ・ギーセン大学医学部部長

住所:Schloss 1  .  D-35037 Marburg  .  Deutschland (ドイツ)
電話:+49 (0) 64 21. 28 22 33.1
ファックス:49 (0) 64 21. 28 22 33.6
お問い合わせ:
info@br-stiftung.de
www.br-stiftung.de

 
翻訳: Yumiko Nishimoto-Reichert 西本由美子,
Ostasieninstitut, Ludwigshafen, Deutschland 東アジアセンター
 
ウェブデザイン: Jörg Block, Marburg マティアス・コーゼ

If you can’t read the text above, please install the language
in the regional options / language settings of your system.

 

Seite ausdrucken